富士山の展望台、大岳山~奥多摩・大岳山から瀬音の湯


3/24 ケーブルカー下~大岳山~馬頭刈山~瀬音の湯

ハセツネ30Kを一週間後に控え、山を軽く走っておきたかった。
そこで、早起きして、いつものようにホリデー快速奥多摩に乗る。

風はなく、雲もない。
出発直前まで、中厚手のワークマンの防風パンツにするか、ペラペラのユニクロのアンクルパンツにするか悩んだ。しかし、外に出てみれば寒の戻り、ワークマンを選ぶ。咲き始めた桜も寒そうだ。

滝本、ケーブルカー乗り場

御嶽駅からバスで御岳山のケーブルカー乗り場へ。
ケーブルカー乗り場に並ぶ人を横目に、山頂へのロードを走る。今日は、この登りを走り切るぞ~。

大塚山への分岐

道を間違えて、大塚山への分岐に出てしまったが、なんとか走り切った。でも、前回、歩きを交えて登った時と5分しか早くなっていない。

御岳の神代ケヤキ

あれ~、御岳の神代ケヤキが工事中だぞ。樹齢600年を超えるという特別天然記念物のケヤキ。補強工事だろうか?

御嶽神社 鳥居

御嶽神社に到着。今日は人が少ないな。

御嶽神社 手水舎

ペット用水場?こんなのあったかな?いや、去年はなかった(「2018年1月の山行」)。ペットもここで手を洗うのか?猫は嫌がりそうだ。

ここから大岳に向けて登山道を行く。

御岳山、霜柱

やっぱり今朝は気温がだいぶ下がったようだ。霜柱をザクザク踏んで走る。

あくば峠へのトラバース道

快適なトレールが続く。団体ハイカーも多く、追い抜くのに難儀する。

大岳近くの岩場

大岳が近づいてくると、道がちょっと岩々してくる。今は大したことはないが、ハセツネでは真夜中にこれを下らなければいけない。濡れていたら滑りそうで怖いな。

大岳神社の鳥居

大岳神社の鳥居をくぐれば、もうひと登りで大岳山頂。
この辺りから上は、少し雪が残っていた。さすが標高1000mを越えるだけのことはある。

大岳山山頂

ケーブルカー下から1時間48分で大岳山山頂に到着。
いや~、絶景。真っ青な空と真っ白な富士山。最高の富士山の展望台。
小さく甲斐駒ヶ岳の頭も見えている。

ゆっくりおにぎりタイム。20分くらいのんびりと景色を堪能。

馬頭刈山への分岐

大岳からは長い馬頭刈尾根を下って、瀬音の湯へ下山する。
手元の地図では大岳山の山頂からダイレクトに下る道があるが、分からなかったので、神社の分岐まで戻る。

馬頭刈尾根を白倉分岐へ

初めは狭いトラバース道だが、やがて走りやすい尾根になる。

富士見台

富士見台を通過。立派な富士山が見える。

つづら岩

登高意欲を掻き立てられる岩壁が現れた。つづら岩のようだ。
面白そうな岩だな~、とまじまじと見ていたら、上のほうから「ロープいっぱいで~す」というコールが聞こえた。
いいな~、俺も登りたいな~。

熊に注意!

この尾根はほとんどハイカーと出会わない。そんなところは熊に出遭う確率も高い。

馬頭刈山山頂

馬頭刈山の山頂に到着。開けた気持ちの良い山頂。ザックを下ろして休憩。来し方の大岳山方面を眺める。
ところで「馬頭刈山」とは不思議な名前だ。これを「まずかりやま」と読むのもすごい。

高明神社跡

途中、高明神社跡という小さな祠があった。もともとあったお社はなくなってしまったようだ。立派な鳥居は森の中に残っていた。

もうひと走り

もう瀬音の湯は近い。が、地図を見て道路に出るのかと思っていたが、つり橋で道路をやり過ごし、小さな尾根に着けられた登山道を行く。

細かいアップダウンが足にこたえる。

瀬音の湯

やっと瀬音の湯が見えてきた。

瀬音の湯の屋台

瀬音の湯にゴール。温泉に入って汗を流す。
食事をしたかったがレストランはいっぱい。バスの時間があるので待つ時間もない。
しかたがないので、スモークチキンをつまみにビールを飲む。

参考:
ケーブルカー下8:30-10:18大岳山10:36-11:52馬頭刈山11:58-12:38瀬音の湯

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。