落ち葉積もる花折戸尾根、鋸尾根~花折戸尾根から本仁田山、川苔山

11/20 鳩ノ巣駅~チクマ山~本仁田山~川苔山~鳩ノ巣

週末の天気が良さそうなので山に行きたい。でもコロナがあるので、ささっとすませたい。
ホリデー快速奥多摩で行けて、バスに乗らずに、駅からさっと行けるところ。でもハイキングコースを登って下るだけではつまらない。

地図とにらめっこする。
鳩ノ巣駅から花折戸尾根を登り、本仁田山、川苔山をまわって鳩ノ巣駅に戻るコースに決定。手元の山と高原地図(2018年)では、花折戸尾根は点線ルートになっている。静かな山が楽しめるだろう。

20211120 鳩ノ巣駅

ホリデー快速奥多摩は、始発の新宿駅で座席が埋まるほどハイカーで一杯だった。
青梅駅で乗り換えて8:42に鳩ノ巣駅に到着。ここはきれいなトイレがあり、まずトイレ。そして、身支度を整えて出発。11月の奥多摩は、さすがに風が冷たい。ウインドブレーカーを羽織る。

花折戸尾根の登山口は、尾根の末端にあるはず。トンネルをくぐらずに青梅街道を渡って、多摩川に沿う道に入る。

20211120 花折戸尾根登山口

尾根の末端はここ。これが登山口かな...単なる祠かな...
祠に一礼し、はしごを上る。

20211120 花折戸尾根の2つめの祠

祠の右手に踏み跡が続く。アキレス腱が伸び切るような斜面を登ってゆくと、また祠。
この祠の右側に踏み跡が続き、進むにつれてだんだん道らしくなってゆく。

20211120 花折戸尾根の下部、道標あり

道標があった。
尾根のはじめは急登が続く。駅を出たときは肌寒かったが、太陽が高くなるにつれ暑くなってきた。ウインドブレーカーを脱いで登り続ける。

20211120 花折戸尾根の植林

自然林と植林、急登と緩斜面、それぞれが交互に現れ、高度を上げてゆく。
静かだ。奥多摩はバイクが騒々しいことが多いが、今日は全く聞こえない。

20211120 周りの山が見えてきた

だんだん周りの山が見えてきた。
ちょっと藪っぽいところもあるがご愛敬。全体的によく踏まれた道だ。

20211120 ゴンザス尾根分岐

ゴンザス尾根分岐。
この先、落葉した明るい広葉樹林となり、落ち葉を踏みしめながら鼻歌まじに登ってゆく。

20211120 本仁田山への落ち葉の積もる斜面

チクマ山からちょっと下り、そして本仁田山への最後の登りとなる。
これが、大量の落ち葉が積もる急登。場所によっては脛くらいまで落ち葉に潜り、落ち葉のラッセルになる。
ざらざらと崩れる落ち葉に足を取られ難渋する先行者を追い抜き、尻セードのように滑り落ちてくる対向者とすれ違う。思いのほか大変だが、天気もいいので、落ち葉の森をザクザクと登るのがちょっと楽しい。

20211120 本仁田山山頂

ほどなく本仁田山の山頂。
展望があまりよくないマイナーピークだが、5、6パーティーくらいが休んでいて、賑やかだった。
私もおにぎりタイム。最近はまっている「焼きサバ」。

20211120 本仁田山から大ダワへ

次は川苔山へ向かう。大ダワまではハイウエー。思い切り駆け下る。

20211120 川苔山の大ダワ

大ダワで鋸尾根の稜線沿いを行くルートと、トラバースするルートがわかれる。川苔山へはどちらでもOKだが、行ったことのない鋸尾根にする。

20211120 鋸尾根は岩交じりのアップダウン

鋸尾根は岩交じりの急なアップダウンが続く。

20211120 鋸尾根中間付近

岩峰やリッジもある。はじめは、本当に忠実に稜線たどろうと思っていた。
しかし、行ってみるとギャップがあって「手」が必要なところもあり(走れない)、そしてリッジは、なんでリッジに落ち葉が積もるんだ?と思うほど落ち葉に覆われていて岩が見えず、空(くう)に踏み込まないようにそろりそろりと歩かないといけない。トレランシューズの中にも容赦なく落ち葉や木の枝が入ってくる。

途中で面倒になって、尾根の数メートル下にある踏み跡を走った。

20211120 川苔山舟井戸付近

トラバースしてきた道と合流すると、またハイウエーになる。
いつもはハイカーで賑わうこのルート。しかし今日はほとんどいない。

20211120 川乗林道通行止め

ハイカーがいない理由はこれ。
川苔山に登る最短ルートの川乗林道が、工事のため閉鎖されている。

20211120 川苔山山頂

川苔山山頂に到着。やっぱり人が少ない。

20211120 川苔山山頂から石尾根

朝の青空が嘘のような、寒々しい曇り空。それでも石尾根、長沢背稜の眺めが良い。
残りのおにぎり(ねぎ味噌)を食べて、足早に山頂を後にする

20211120 鋸尾根戸の分岐

鋸尾根との分岐。
さっきはこの正面の斜面を下ってきた。鳩ノ巣に下山するので左へ。

20211120 山ノ神への下り

山ノ神へは、単調な下りが延々と続く。ガンガンスピードを出して駆け下りる。

山の神はまだかいな~、と思っていたら、左下に林道が見えてきた。
やっと山の神だと思った瞬間、視界が回転する。木の根トラップに左足を取られた。左足首が固定されたまま、将棋倒しのコマのように前方へ転倒。

ゴツン。

うう、左ひざをもろうった。しばらく四つん這いのまま立ち上がれずにうずくまる。痛い...
まだ2回しか履いていない、ジョガーパンツの左ひざが破けている。ちょうどひざの骨の上を打ち、血が滲みだしている。ひざはなんとか曲げられるので、骨は折れてはいないようだ。
ズボンがこすれて血が止まらないので、裾を膝上までめくって、左足を引きずるように下山再開。外気に触れて血が固まってきた。

20211120 山ノ神

山ノ神様、殺生でござる。よそ見した自分が悪いのだけど。

途中ですれ違ったお兄さんは、目を見開いて私の血だらけの膝をガン見していた。

20211120 なんとか鳩ノ巣へ下山

やれやれ。なんとか鳩ノ巣の正法院へ下山。
血だらけのまま街を歩くのはまずそうなので、予備の水で傷を洗って、滅菌ガーゼとテーピングテープで傷を覆う。膝全体が紫色になってきた。

20211120 鳩ノ巣荘で日帰り湯

膝は痛いんだけど、緊急性はなさそうなので、今日の登山口の向かいにあるはとのす荘で日帰り温泉。
浴室はきれいで良い雰囲気。露天風呂では、直下の鳩ノ巣渓谷の水音を聞きながらリラックス。

20211120 鳩ノ巣駅さんらく

列車の時間までちょっとあったので、鳩ノ巣駅の正面にある「さんらく」に入る。
お目当てはもちろん、生ビール。駅前だから、半端な時間でも飲める。ついでに肉うどんも注文する。
は~、うめ~。山登り->温泉->生ビール、最高の休日の過ごし方だね。緊急事態宣言が終わって、ビールが外で飲めるようになって、本当によかった。

(完)

参考:
鳩ノ巣駅8:57-9:59ゴンザス尾根分岐10:04-10:28本仁田山10:36-11:37川苔山11:46-12:49はとのす荘

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

山と高原地図 奥多摩 御岳山・大岳山
価格:1210円(税込、送料無料) (2022/3/26時点)

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

今回のコース

コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。