第7回Tokyo八峰マウンテントレイル参戦

12/19 夕やけ小やけふれあいの里~和田峠~陣馬山~小仏城山~三沢峠~落合公園

第4回大会(「第4回Tokyo八峰マウンテントレイル参戦」)以来、久しぶりに「Tokyo八峰マウンテントレイル」に参加した。
今年はコロナの影響で、ほとんどのレースが中止に追い込まれ、開催が危ぶまれた。しかし、無事に開催日を迎えることができた。

コースは、八王子の夕やけ小やけふれあいの里を出発し、陣馬山、小仏城山、南高尾山稜を経て、高尾山口駅そばの落合公園にゴールする、こんなハイカーの多いところを走っていいのか?と思わせる、全行程30kmのゴールデンコースだ。
ただ、今年のコースは今までと違い、スタートから和田峠までのおよそ8kmがロードになった。前回よりよい成績を狙いたいが、ロードが苦手な私にとっては厳しいコース変更だ。

前回の教訓を生かし、夜明けやらぬうち早めに家を出た。
高尾駅でトレラン仲間二人と合流し、余裕をもって会場に到着。なが~い行列に並び、ゲストランナーの鏑木さんと記念写真を撮ることもできた。例のごとく、鏑木さんは、スタートギリギリまでファンたちと記念写真を撮っていた。素晴らしいサービス精神。

20211219 八峰マウンテントレイル、スタート

じっとスタートを待つ、と言いたいところだが、寒くてじっとしてられない。手をこすり合わせたり、足踏みしたりしながらスタートを待つ。足の指の感覚はすでにない。
早く走ろうよ~。

ウエーブスタートの順番がやっときて、駆け出す。思った通り、みんなすごい勢いで駆け出す。ロード部分をとばして順位を稼ごうということだろう。集団の真ん中ぐらいで、周囲の流れにのって淡々と走る。

20211219 八峰マウンテントレイル、鏑木さんに抜かれた

ゼッケン番号0、スタート時刻から10分遅れでスタートした鏑木さんに早々に抜かれた。周囲のランナーに声をかけながら、軽やかに坂を駆け登ってゆく。すごいな~。周囲のランナーはすでにWalkerになっているのに。

走っていてもなかなか体が温まらない。それどころかトイレに行きたくなってきた。
ロード区間が終わる和田峠でトイレに並ぶ。レースの途中でトイレに行きたくなったのは、初めてだ。痛恨のタイムロス。

20211219 八峰マウンテントレイル、小仏峠

和田峠からは、遊歩道のようなハイキングコースを快適に走る。真ん中くらいの順位になってしまったので、ところどころで渋滞となる。
まあいいや、ブラックサンダーでも食べよう、とバックパックのポケットに入れておいたブラックサンダーを引っ張り出す。しかし、手がかじかんでパッケージをあけられない...。天気はいいが、冷たい風が吹いて気温があまり上がらない。

20211219 八峰マウンテントレイル、富士山が見える

人気のハイキングコースだけあって、景色がいい。富士山もきれいだ。景色を楽しみながら走る。

20211219 八峰マウンテントレイル、城山

ハイカーで賑わう小仏城山。
以前2か所あったエイドステーションは、今回はここ1か所。食料はなく、ペットボトルの配布のみ。水でもくれるのかな、と期待していなかったが、なんとコカ・コーラ500mlである。テンションが上がる。
プシュ、と開けて、ゴクゴク、プハー。うまい。ん~、でも500mlは多いかな。でもこれを持って走るのも嫌だな...。ゴクゴク、ゴクゴク、ぐぇっ。
コーラを一気飲みして、小仏城山を後にする。

小仏城山から大垂水峠に下り、そしてここからがこのレースの本番だ。全体的に下り基調であるものの、細かいアップダウンを1つ1つ上り下りするために、レース後半の疲れた脚には厳しい。メンバーには、大垂水峠まで余力を残しておくようにとアドバイスし、自分も余裕をもって走ってきた。順位は後ろ半分に入っている気がするが、ここからが挽回のしどころ。

20211219 Tokyo八峰マウンテントレイル、ゴール

ゴール。例のごとく、ゴール後にゴールの写真。
結論から言えば、あまり挽回できなかった。
前回は後半は、足がつって地獄を味わった。今回は、淡々と走り切ることができた。たぶん、大垂水峠から2、30人は抜いた気がする。逆に抜かれたのは一人だ。しかし、前半余裕を持ちすぎた。4時間以内のゴールまで挽回できなかった。

トレラン仲間は、1時間後にゴールすると予想した。先に温泉に行って、戻ってきてゴールの写真を撮ろう。
急いで高尾山口駅の横の極楽湯に行って、急いで湯を浴びる。風呂から出て、ゴールに戻ろうとしたその時、携帯が。
「ゴールしました!」
ああ、やってしまった。ごめんなさい。思ったよりずっと速かった。2回目のレースとは思えぬ速さだ。メンバーを温泉で待つ。
もうひと走りできそうなくらい、元気でニコニコしながらやってきた。以前は、レース後はヨレヨレだったのに。すごい成長している。うらやましい。

最後に、コロナ下の大変な時期にレースを開催していただいた関係者各位に、感謝いたします。

(完)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

山と高原地図 高尾・陣馬
価格:1210円(税込、送料無料) (2022/4/3時点)

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

今回のコース

コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。