体力トレーニング7月第2週withコロナ


6月19日に県境をまたいだ移動が解禁され、三頭山に行った(幻のハセツネ試走~浅間峠から三頭山)。

しかし、7月7日には、東京都の新型肺炎の感染者が100人を超えた。そこに、東京都が再び不要不急の越境を禁止したとの情報が。慌てて東京都のホームページをチェックするが、そんなことはどこにも書いていない。さらに西村経済再生担当大臣は、移動制限はしない、と発言。
どうなっているんだ、ガセか?と思ったら、小池都知事の記者会見での発言とのこと。

どうしたらいいんだ?東京都の正式な発表ではない、国は反対のことを言っている。小池都知事の思い付きか?
しかし、小池都知事の思い付きにせよ、熟慮の果てにせよ、東京都から要請が出てしまったので、私の勤め先は原則越境禁止と決定した。

しからば、私も会社に迷惑はかけられないので、越境の自主規制をせざる得ない。
で、引き続き、トレーニングに精を出す引きこもり生活を送っている。

トレーニングメニューは、基本的に先日ブログに書いた通り(「登山のための体力トレーニングwithコロナ(1)」)。

今週のガーミン先生の記録。ランニングとローラー台(エアロバイク)の時間のグラフ。

200711トレーニングの記録

雨が多く、坂ダッシュができず代わりに自転車のタバタにしたこと以外は、以前記した通り(「登山のための体力トレーニングwithコロナ(2)」)。時間が短いバイクがタバタだ。

筋トレは、プリズナートレーニングのメニューを地道にこなす(「登山のための体力トレーニングwithコロナ(3)」)。
7/5 ブリッジ
7/6 レッグレイズ
7/7 プルアップ
7/8 スクワット、カーフレイズ
7/9 プッシュアップ
7/10 レッグレイズ
7/11 ハンドスタンド・プッシュアップ

トレーニングは大事。でもはっきり言ってつまらん。山に行きたい。
コロナを何とかせねば。

でも、東京都の感染者は連日200人を超えていても、国も都も有効な対応を取らず、感染が広がるに任せている。集団免疫獲得路線に変更したのだろうか?それならそうと言ってくれ。

ある知事さんが、「東京都は諸悪の根源」、と言ったらしいが、気持ちはわかる。でも都民としては、「東京都知事は諸悪の根源」と言って欲しかった。一般都民はそれなりに心配もし、気を使っているのだから。
いや、その都知事を選んだ都民が悪いのか...

果たして、今年の夏は山に行けるのだろうか???

コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。