遥かなる日本へ~アルゼンチン、パタゴニアの旅(16)


1/26 ブエノスアイレス~パリ

前回の続き)

朝起きて、まずシャワーを浴びる。じっくりと。
これから遥かなる日本へ帰るため、飛行機の2連泊が待っている。南米からの帰国はいつもちょっと憂鬱だ。

200126 ブエノスアイレスのホテル

遅めの朝食を済ませてチェックアウト。
このホテルの入り口は、遠くからは絶対にホテルとは分からない。地味すぎる。

エセイサ国際空港行のバスは、昨日のLeonバスターミナルから出ている。歩いていくことも考えた。でも、これから真冬の日本に向かうので、もう晩秋くらいの服装にしている。しかし、ここブエノスアイレスは、真夏の灼熱地獄。歩いていったら汗だくになって、汗臭い服で飛行機の中で2晩すごすことになる。それは絶対嫌だ。
で、タクシーでバスターミナルへ。

10時発のバスに乗って、エセイサ国際空港に10時45分着。離陸まで3時間以上ある。南米の国際線は、離陸の3時間前には空港に到着しておくことが必須。なにが起こるかわからない。
エールフランスカウンターに行くと、まだ荷物のチェックインが始まっていない。しかし、長い行列。みんな、時間がかかることを見越して早めに来たのだろう。
11時30分にチェックイン開始。やっぱり手際が悪くて時間がかかる。でも12時15分には手続きが済んだ。
搭乗のための手荷物検査も長い行列。なんとか13時に搭乗ゲートにたどり着いた。

さて、、、最後にお肉が食べたい。搭乗開始まであと30分。微妙な時間だ。レストランに行って大丈夫だろうか。普通なら大丈夫そうだけど、ここは南米。
ええい、博打だが、レストランに行って、ビールとチョリソ(ステーキ)を注文する。

200126 エセイサ国際空港のレストランのステーキ

15分で来た。よかった。
焼き方は雑だけど、腐ってもアルゼンチン牛、さらりとした脂と肉汁がうまい。しかし、肉が硬くてプラスチックのフォークとナイフでうまく切れない。切れないナイフでゴリゴリやると肉汁がでてしまう。もったいない。

200126 エセイサ国際空港、ドゴール空港行エールフランス

さっくりと食べ終わり、搭乗開始。まずは、パリのドゴール空港に向かう。
機体はB777。やった、ドリームライナーじゃない!足元が広い。

200126 ブエノスアイレス上空

今日もブエノスアイレスはいい天気。
遥か彼方まで、碁盤のようなブエノスアイレス市街が広がる。ブエノスアイレスは大都市だ。
そして海のようなラプラタ川を渡り、ウルグアイ上空へ。

200126 ウルグアイ上空の綿雲

ウルグアイ上空は、綿雲がどこまでも続く。

200126 エールフランスのメニュー

エールフランスでは、食事のメニューが配られる。
鶏肉にしようかな。

200126 エールフランスのドリンクメニュー

ドリンクメニューも配られる。
一番上に注目!”Champagne”。エールフランスならではのシャンパンである。

200126 ネグラ湖上空

ウルグアイのネグラ湖の上空を通過。もう少しでブラジルだ。パトス湖が見えるかな。
しかし、残念ながら、すぐに下界は暑い雲に覆われてしまった。
食事にしよう。

200126 機内1泊目の夕食

シャンパンをお願いして、ひとりで乾杯。シャンパンはさっぱりしていいね。
食事は、、、まあまあ。

立て続けに映画を見る。面倒なので日本映画。
「町田くんの世界」:恋愛ファンタジー。ヒーロー?とヒロインの高校生を演じるのは現役高校生なのに、同級生が高畑充希や前田敦子など25オバーのベテランという不思議な映画。
「賭ケグルイ」:私自身”Beat the Dealer”を原書で読むほどの賭ケグルイなのだが、残念ながらギャンブルより、浜辺美波ってこんなだっけ?とか、福原遥怖い...とか、若い俳優さんの怪演を楽しむ映画。
「あの頃、君を追いかけた」:歯がゆい恋愛映画。若さゆえの甘くも苦い思い出。台湾の平渓のシーンがあり、なぜ?と思って調べたら、台湾映画のリメイク。元の映画が見たい。

いつの間にか眠りに落ちる。

200126 ジブラルタル上空

なんとなく目が覚め、気が付けばジブラルタル上空。
窓からふたご座が見える。星が見えるのがB777のいいところ。B787ドリームライナーだったら、夜は窓が遮光され外が見えない。星なんぞ見とらんでドリームでも見てろということか。

次回に続く)

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。