フィッツロイ・トレッキング出発、まずはポインセノットへ~アルゼンチン、パタゴニアの旅(4)


1/18 エル・チャルテン~ポインセノット~トレス湖~ポインセノット

前回の続き)

6時起床。部屋は心地よい暖かさでよく寝れた。でもちょっと乾燥している。
コンチネンタルの朝食、今日一日の行動に備えてパンをいっぱい食べる。
気分は上々、やはり西回りだと時差ボケにならない。

200118 ホテルとフィッツロイ

9時ちょっと前に宿のむかいの”La tienda”にバーナーを借りに行く。まだ開いていなくて、先客が一人待っていた。
宿(”Hosteria El Alamo“)の後ろにはフィッツロイが頭を出している。
いい天気だ。良い一日になりそうだ。

宿に戻って、パッキングし、余計な荷物を宿に預けて、9:15、フィッツロイ・トレッキングに出発!まず目指すのは、ポインセノット(Poincenot)のキャンプ場だ。

200118 フィッツロイ登山口

サンマルティン通りを北に歩き、二俣を左に行くと駐車場があって、そこが登山口。本当は、ここからバスでさらに北に行ったEl Pilarから入山したかったが、バスの時間がうまく合わなかった。

200118 フィッツロイトレッキングのグレード

登山口には、トレッキンググレードのメータが。このハイテクメータによれば、何が基準かよくわからないが、グレードは真ん中のALTOだ。

200118 フィッツロイ登山口の案内板

今日は、この案内板の通りに、ポインセノットのキャンプ場に行き、そこに荷物をデポして、フィッツロイの麓のトレス湖を往復する。

200118 登山口から丘を登る

まずは、登山口からエル・チャルテンの街を見下ろす丘に登る。ちょっと歩いたら暑くなった。フリースを脱いで、長袖のTシャツ1枚で歩く。

200118 花が多い、人も多い

たくさん花が咲いている。梅雨明け後の北アルプスのようなジャストシーズンなのだろうか。
花が多いが、人も多い。老若男女、普段着から重装備まで、奥多摩の日の出山くらい人が歩いている。
世界の著名なトレッキングルートは、入山制限をしているところが多い。ここの隣のエリアのパイネも厳しい入山制限をしている(「プエルト・ナタレスでリベンジのはずが」)。でも、ここフィッツロイは、入山制限がない。だからたくさん人がいる、キャンプ場も早い者勝ちである。

200118 Mirador Rio De Las Vueltas

眺めのいいところで一休み。”Mirador Rio De Las Vueltas”。ブエルタス川展望台。

200118 フィツロイトレッキング・歩きやすい道が続く

トレイルは、遊歩道と言ってもいいくらい歩きやすく、整備されている。

200118 フィッツロイトレッキング・花畑のトラバース

丘を登りきると、花に囲まれた開けたトラバース道が続く。
フィッツロイが見えてきた。

200118 フィッツロイ・トレッキング 再び樹林へ

再び樹林へ。
森の中はひんやりとして気持ちいい。

200118 フィッツロイ・トレッキング スミレ

これはスミレだよね。

200118 フィッツロイ・トレッキング 南極ブナの森

南極ブナの森。
フエゴ島で見た南極ブナは、ハイマツのように低く密生したものだったが(「かっ、涸沢?マルティアル氷河」)、ここの南極ブナは見上げるほど大きい。もっとも、南極ブナは1種類ではないらしいので、別の種類かもしれない。

200118 フィッツロイ・トレッキング Mirador Fitz Roy

森が開けた。”Mirador Fitz Roy”。
おお~、すげー。巨大なフィッツロイだ。すげ~な~。
こういった見たことがないものに出会うと、本当に旅してよかったと思う。

200118 フィッツロイ・トレッキング、たぶんラン

この、ちょっと変わった形の黄色い花が、そこかしこに咲いている。たぶんランだと思うが。

200118 フィッツロイ・トレッキング、赤いマフラーの鳥

そして、これは赤いマフラーを巻いた、おしゃれな鳥。

200118 フィッツロイ・トレッキング、フィッツロイとLaguna Capri

フィッツロイ。手前の池は、”Lagna Capri”、カプリ湖。ジャイアントコーンじゃないよ。
今日、これから行くルートが見えている。今日の目的地、トレス湖は、フィッツロイの真下の、三角形のちょっと暗い岩の右下にある、台地のような場所にある。そこに向かって、右下から上がってくるトレールが見える。最後がかなり急に見える。

200118 フィッツロイ・トレッキング、ちょっと北八ツぽい。

南極ブナの背が低くなってきた。南極ブナは広葉樹だが、こうしてみると北八ヶ岳の針葉樹の森を歩いているようだ。

200118 フィッツロイ・トレッキング、フィッツロイとArroyo del Salto

ビューポイント!フィッツロイとArroyo del Saltoの絶妙な組み合わせ。
“Arroyo”とは”Rio”より小さい川のことらしい。水は冷たく透き通っている。

ザックを置いてのんびり休憩、と思ったら、写真を撮るからどけと香水をぷんぷんさせた若い女性に言われる。しぶしぶ眺めの悪い場所に移動して、昨日スーパーで買った袋詰めのマドレーヌを食べる。うむ、生地がしっとりとして、中に入っているジャムが甘酸っぱくて、意外とおいしい。

200118 フィッツロイ・トレッキング、Glaciar Piedras Blancas

谷間の低地を行く。おそらく、氷河の谷が堆積物で埋められた地形だ。正面に見えるのは、Piedras Blancas氷河。青みがかって見える。そばまで行きたいが、残念ながら今回のコースには入っていない。

200118 フィッツロイ・トレッキング、湿原の池

池塘のような池もある。

200118 フィッツロイ・トレッキング、湿原と木道

湿原には木道もある。その向こうには、トレス湖への急登も見える。

韓国人のパーティーに数回会った。韓国はあまり景気が良くないとのことだが、こんな時期にこんなところに来る余裕のある人も、たくさんいるんだな。日本人にはまだ一人も会っていない。

200118 フィッツロイ・トレッキング、poincenot

12:15、ポインセノットのキャンプ場に到着。森の中で風も弱い、静かなキャンプ場(人は多いけど)。
ここは、無料、早いもん勝ち。まずはテントを張ろう。

次回に続く)

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。