「丹沢山」で百名山を考える~丹沢主脈(2)

1/9 東野~姫次~蛭ヶ岳~塔ノ岳~大倉

前回の続き)

20220109 蛭ヶ岳山荘のひるカレー

これが噂の蛭ヶ岳山荘の「蛭カレー」「ひるカレー」。
蛭ヶ岳山荘で昼食(10:30~13:30)にしか提供していないので「ひるカレー」なのだろう。
具じゃなくて濃厚なコクのルーで食べさせるカレー。ご飯が山で炊いた飯感になっているのはご愛敬。
山のカレーはやっぱりうまい。

20220109 蛭ヶ岳から丹沢山へ向けて出発

腹ごしらえもしたし、次なるピーク、丹沢山に向けて出発。
丹沢主脈は蛭ヶ岳で丹沢主稜に合流し、丹沢山、塔ノ岳へと続く。

20220109 丹沢山から塔ノ岳

蛭ヶ岳から塔ノ岳に連なる稜線は、笹原とブナの林が交互に現れ、開けて明るい。
東の関東平野も西の富士もよく見える。
今日はよく晴れていて、降りそそぐ太陽の光がまぶしい...まぶしすぎる!太陽はほぼ進行方向にあり、まぶしくて正面を向いて歩けない。帽子のつばを下げ、うつむきながら走る。

20220109 富士山と飛行機雲

富士山はずっと見えている。富士山に向かう(実際は向かっているように見えるだけ)飛行機雲が幾筋も見える。写真には5つくらい写っているが、ぐるっと眺めると10以上あった。上空の水蒸気圧の緊張がMAXになっている証拠だ。明日は雨かもしれない。

20220109 丹沢主稜鬼ヶ岩

主稜のほぼ唯一の岩場、鬼ヶ岩。ちょっと雪がついているが、これくらいなら何の問題もない。
アイゼンもいらない(アイゼンを履いて下りてくる人が、かえって難儀していた)。

雪は、南斜面では完全に融けて、北斜面ではまばらに残っている。そして、鞍部では雪解け水が溜まって泥道になっている。

20220109 鬼ヶ岩から富士山

鬼ヶ岩ノ頭から富士山。いいね、丹沢じゃないみたいだ。

20220109 蛭ヶ岳山荘を振り返る

蛭ヶ岳山荘を振り返る。蛭ヶ岳は、近くから見るとこんもりしていて、離れて見たときの端正さがない。

20220109 丹沢主稜から南アルプス

南アルプスの峰々も一つ一つはっきり見える。右から、雪が少ない甲斐駒ヶ岳、鳳凰三山、雪がついた仙丈ヶ岳、北岳、間ノ岳、農鳥岳、白根南陵が続いて、その後ろに塩見岳、左はしに荒川岳。
塩見岳と荒川岳はまだ登ったことがない。何度も計画しているが、いつもボツになっている。コロナがおさまれば、今年はぜひ行きたい。

20220109 ブナの丹沢山

ブナに覆われた丘が見えてきた。丹沢山の山頂だ。

20220109 丹沢山山頂から富士山

丹沢山山頂到着。いつもの場所で写真をパチリ。

標識には「日本百名山 丹澤山」とある。この山頂の標識の前で写真を撮って、日本百名山の丹沢山に登ったとしている人が多いらしい。

山ヤとしては、残念な人たちだ。

もちろん、標識の写真をコレクションをするのは個人の趣味の問題で、何かを集めるというのは楽しい。
しかし、丹沢とは、東は大山から、西はおそらく三国山まで、東西40km、南北20kmにわたる広大な山塊を指す。その山々は、たおやかなブナの森や、人を阻む険谷など様々な姿をみせる。私も主稜線、主脈に限らず、いくつかの尾根や沢を様々な季節に歩いているが、いつも新しい発見がある。そのような豊かな山の、ワンポイントのピークに立っただけで、丹沢に行ったと思い込むのは、山ヤとしては、やっぱり残念なことだ。

そしてなにより、日本百名山の著者の深田久弥自身が、日本百名山に書いている。

私が百名山の一つに丹沢山(丹沢山というのは山塊中の一峰である)を取りあげたのは、個々の峰ではなく、全体としての立派さからである。

今の百名山ブームを、深田久弥は天国から苦笑しているに違いない。

20220109 塔ノ岳へのぬかるみの道

丹沢山を越えると、ハイカーが増え、ぬかるみもひどくなる。
トレッキングシューズを履いてきたのは正解だった。トレランシューズだと靴の中までドロドロになりそうだ。

20220109 丹沢山と塔ノ岳の間のブナの林

清々しいブナの林。

20210109 塔ノ岳山頂に到着

塔ノ岳山頂に到着。ここが賑わっているのはいつものこと。

20220109 塔ノ岳山頂から富士山

ザックを下ろして、最後のおにぎりにかぶりつく。
今日、朝からずっと一緒だった富士山をのんびりと眺める。

20220109 塔ノ岳から表尾根

こちらは三ノ塔からヤビツ峠へと続く表尾根。一番奥が大山。大山は1252mの山ながら、標高を越えるりりしさがある。神様が祀られるのも一理ある。

20220109 塔ノ岳から大倉へ下山

さて、あとは海を見ながら大倉に向けて下るだけ。

20220109 馬鹿尾根の階段

まだこんなところがあるので、スリップ注意。

20220109 馬鹿尾根を快調に下る

石がゴロゴロしている急な斜面を快調に駆け下る。今日はトレッキングシューズなので、足首が固定されていて、走るとくるぶしやらなんやらが当たって痛い。しかし、ソールが硬いので、石ころをものともせず足を置くことができる。

20220109 堀山の家から富士山

いつものお約束、堀山の家からの富士山。このあたりで富士山ともお別れ。

20220109 雑事場の平

雑事場の平までくれば、もう大倉はすぐそこ。
大倉高原への道は閉鎖されていた。

20220109 大倉バス停

15:56大倉バス停到着。お疲れさま~。塔ノ岳から1時間15分くらいで下りてきちゃった。トレッキングシューズでも結構早いな。
トイレの前の水道でドロドロになった靴を洗い、急いでバスの列に並ぶ。待つことなくバスがやってきた。密になったバスで渋沢駅へ。

渋沢駅で小田急線に乗り、3駅目の鶴巻温泉で下車。山から下りたら温泉は外せないでしょう。いつもの弘法の里の湯でさっぱりする。

20220109 鶴巻温泉の天安

鶴巻温泉には、いくつか食事処があるが、今日は天安。ここは魚と揚げ物がおいしい。お値段もリーズナブル。ひれまでおいしい鰺フライと生ビールで至福の時。

参考:
東野バス停8:38-9:16八丁坂登山口9:22-10:54姫次11:02-12:09蛭ヶ岳12:34-13:44丹沢山13:48-14:29塔ノ岳14:42-15:56大倉バス停

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

山と高原地図 丹沢
価格:1210円(税込、送料無料) (2022/4/24時点)

(丹沢主脈・完)

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。