ペルーまでは機内で2泊~ペルーの旅(2)


4/26 ロサンゼルス空港~リマ空港

前回の続き)

万引き家族を見終わって、ちょっとうとうと。
時計を見るとロサンゼルス時間10:30。寝たんだか寝てないんだか分からないないが、朝食が運ばれてきた。

190426機内食・照り焼きライス

照り焼きライスなる物らしい。やたら照り焼きソース。機内食の魚はお勧めしない。

12:30、ロサンゼルス空港に到着。空気が黄色くかすんでいてなんだか汚らしい。
USでは面倒なことに、トランジットでも一度入国審査を受けて、改めて出国しなければいけない。
ただ、入国審査は、機械にパスポートを読み取らせ、ディスプレイに映し出される日本語の質問に答えればいいだけ、のはずである。しかし、打ち出された審査結果には大きく「×」が印字されていた。

なぜ?

なぜ「×」なのかわからないが、「×」をもらった人は、審査官による審査を受けなければならいない。審査カウンターには、続々と日本人が列をなす。ディスプレイの日本語が間違っているんじゃないの?
時間はかかったが、”Where are you going?”という質問を受けただけで無罪放免。
出国ゲートに向かう。

190426 ロサンゼルス空港でトランジット

ロサンゼルス空港での南米へのトランジットは2回目なので慣れたもの(「ロサンゼルスでトランジット」)。
今日は人が多いな。

190426 ロサンゼルス空港

リマ便の離陸時間までは6時間ある。カフェで時間をつぶす。
サンドイッチとコーヒーで19ドル、およそ2000円。私の日本でのランチの3食分。
空港のFree WiFiにつなぐも、ぶちぶち接続が切れ、ストレスマックス。日本はネット環境が悪いと報道されることが多いが、ロサンゼルスはもっと悪い。

18:30、出国手続きを完了。ゲートへ。でもまだ時間があるので、バーでビールを飲む。1時間たった時、、注文しないなら出て行ってくれ、みたいな感じで追い出された。

予定時刻に離陸。昨日からの不眠がたたって、ウトウトしていたが、夕食で起こされる。ここで、カメラを頭上の荷物入れに入れてしまったことに気づいた。今まで、すべての機内食の写真を撮ってきたのに...

夕食は、4種のチーズのラビオリ。例のごとく、白ワインと赤ワインで頂く。なかなかうまい。
写真がないので適当に想像して下さい。

映画を見た後(適当に選んだ映画で、おまけに英語があまり聞き取れなかったので、印象が薄い)、またうとうとする。機内、2泊目の夜を迎える。

(次回に続く)

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。