やっと着いた、母島上陸~小笠原諸島の旅(3)


4/30 (竹芝桟橋)~父島~母島

前回の続き)

110430小笠原父島二見港に停泊するおがさわら丸を後にして母島に向かう

我々がさっきまで乗っていたおがまるを港に残し、ははじま丸は出港する。母島へは南へさらに2時間の船旅。

110430ははじま丸と併走するカツオドリ

強い向かい風を受けて、カツオ鳥が船に寄り添って滑空する。この鳥は母島までずっと船と一緒だった。父島が視界から消えるとまた海しか見えなくなったので、クーラーのきいた船室に戻った。備え付けの母島のパンフレットをペラペラめくっていたら、いつの間にか寝てしまった。(どんだけ寝るんだか…)

YouTube Preview Image

気がつけば窓から母島が見える。あわてて甲板に上がる。甲板はクジラの話で盛り上がっていた。どうも寝ている間にクジラが現われたらしい…寝ていて見損なったナミビアのライオンを思い出した。

110430小笠原母島を囲む岸壁

およそ「母」のイメージとは似つかわしくなく、母島は断崖絶壁に囲まれた、山がちな険しい島だ。そして島の端から端までの長さも父島より長い。厳しく大きなお母さん。

110430小笠原母島小富士

船は島に沿って南下を続ける。港は絶壁が途切れる島の南部にある。母島最南端にあり、かつ日本のもっとも南にある「富士」が見えてきた。

110430小笠原母島沖港に入港

昨日の10:00に竹芝桟橋を出港し、15:40に母島沖港にやっと到着。緑に囲まれた小さな集落が見える。母島の人口は500人に満たず、集落はこの沖港にしかない。

この島でこれから一体何が待っているのか、ワクワク。そしてついに母島上陸。

110430小笠原母島民宿つきお世話になるのは民宿「つき」。港で出迎えてくれたご主人の車に乗り、30秒ほどで到着。実は歩いても3分くらい。
 すぐにシャワーを浴び、船旅の疲れを流し、持ってきたワインでいっぱい始める。開け放たれた窓から涼しい(ちょっと寒い)そよ風が吹き込んで気持がいい。
110430小笠原母島夕食飲んでいたらすぐに夕食の時間になった。夕食は普通の家庭料理+島の料理1品といった感じ。今日は南ガレイの煮付があった。トマトは母島で育った甘い島トマト。
110430小笠原母島やもりトイレの窓の外側にヤモリがへばりついていたのが南の島っぽい。

次回に続く)

コメントを残す