頑張って、言うな!


被災地で震災復興ボランティアをする際に、被災された方々に言ってはいけない言葉というもの
がある。

その筆頭に挙げられるのが、

頑張って

だ。

被災者の方々は想像を絶する困難な状況で、必死に頑張っている。そこに被災していない人が、「頑張って」、と言っても、これ以上どう頑張っていいかわからないし、被災した方々を真に理解していない人が言っても、他人事のように聞こえるからだ。

最近、私も「頑張って」と言われることがある。
ブログを読んだ人や、身近にいる人から

「ボランティアご苦労さま、頑張って」

と言われる。ちょっと複雑、と言うか、正直に言えば腹が立つ。

ボランティアは誰でもできる。「頑張って」と言うくらいなら自分で頑張れ、人事みたいに言うな!俺や他の善意のボランティアに面倒は押し付けて、自分はぬくぬくしているつもりか!!!

とは、さすがに思わないが、震災で厳しい現実に向かい合っている人がたくさんいることを忘れ、人事みたいに言う人が多いのは事実だ。

人に頑張って、と言う前に、自分が頑張りましょう。

コメントを残す