パノラマ合成すげ~・ArcSoft Panorama Maker


本日、関東甲信・北陸の梅雨の梅雨も明け、いよいよ夏山シーズン本番。そこで、なんとな~く気分的に、過去の夏山の写真を見直している。

その中には、後でつなげてパノラマ写真にすることを意識して撮った写真が多くあった。が、ほったらからし…。で、デジカメにパノラマ合成ソフトがおまけでついていたのを思い出した。

ArcSoft Panorama Maker 4

Nikon COOLPIX P50を買ったときについていたんだと思う。販売元のJungleのHPを見ると、今のバージョンは5らしい。

マニュアルも読まずにソフトを起動。雲ノ平に行ったときの写真のディレクトリを選択すると、パノラマ用に撮った写真を勝手に選んでくれる。促されるままにクリックをすると、何も考えることなく完了。

110709パノラマの元の写真

これが、

110709パノラマ合成後
こうなる。(クリックで拡大)

なんて簡単なんだ…アホになる。

ちなみに、カメラははPanasonic DMC-FX30(LUMIXの古いタイプ)。設定は、ホワイトバランス、ISO感度はオート、記録画素7M、クオリティ Hi、手振れMode2。手持ち撮影。

あまりに簡単なのでいろいろ遊んでみた。パノラマ合成候補の写真を自動選択してくれないことも多いが、そんなときは自分でチェックをつけて選択する。でもパノラマ写真の基本、例えば、左から右に撮る、各コマの露出などの設定を統一するなど守れば大丈夫なようだ。

コメントを残す