西穂から奥穂へ向けて~西穂高岳から奥穂高岳(2)


8/8 西穂山荘~西穂高岳~ジャンダルム~奥穂高岳~穂高岳山荘~涸沢

前回の続き)

午前3時半。真っ暗な西穂山荘をヘッドランプの明かりを頼りに出発する。

今日は西穂高岳から奥穂高岳まで縦走し、涸沢に下りる長丁場だ。この縦走路は「最も困難な北アの一般縦走路」とも言われる。「困難」と「一般」の組み合わせに違和感があるが、大変なことは間違いない。

しばらくは広い尾根の上の道を行く。右手に上高地、左手に新穂高温泉の灯りが見える。笹原を沢音のような音を立てて吹き渡る風が冷たくて気持ちいい。今日はあまり暑くなりませんように。

100808西穂高岳独標の夜明け

西穂の独標を越えた辺りで夜が明け始める。見事な朝焼け。空は一面雲に覆われている。暑いのは嫌だが、この岩稜の縦走路で雨はもっと嫌だ。今日は天気が崩れませんように。

100808西穂高岳独標から富士山よくよく見れば、はるか彼方に富士山が頭をのぞかせている。


100808笠ヶ岳と光柱

昇る朝日と反対側、笠ヶ岳の肩から一本のオレンジ色の光柱が伸びている。これはいったいなんでしょう?今日の成功を予見しているのかな、と勝手に解釈。

100808茜色に染まる乗鞍岳

そして遠く、乗鞍岳も茜色に染まる。

100808西穂高岳山頂への登り
独標から西穂高岳山頂までは、冬は行きたくないくらいのまじめな岩尾根で、滑ったらどこまでも落ちていきそうなところもある。しかし、岩にはしっかりルートがマーキングしてあり、これに沿って登れば登りやすい。


100808西穂高岳山頂で身支度

小屋から2時間半くらいで西穂高岳山頂到着。ここでゆっくり行動食を食べ、身支度をして奥穂高岳への縦走に備える。山頂にいる登山者はほとんど奥穂高岳を目指す。行く人が多いのに驚く。

ここから奥穂高岳を経由して穂高岳山荘までは5.7km。奥穂高岳はすぐそばに見える。普通の縦走路だったらあっという間だろう。しかし、ご覧のとおりの険しい岩尾根。岩峰のアップダウンが多く、足場も悪い。天気のことも考えれば、なんとか昼には抜けたいものだ。

100808奥穂高岳への縦走路に入るいざ、出発。縦走路に踏み出す。緊張するな~。


100808西穂高岳山頂を振り返る

振り返れば、さっきまでいた西穂高岳の山頂。狭いところに人がひしめいている。落ちるなよ~。ここまでのルートも見える。かなり急な下りだ。

100808西穂奥穂最初の鎖場最初の鎖場。しっかりとした鎖を頼りにほぼ垂直に下る。でも、怪しい鎖も随所にあり、あまり鎖を信じてはいけないかもしれない。


100808西穂奥穂間ノ岳へ

鎖で下った後は、軽い岩登りで岩のピョコのてっぺんへ。奥穂から北穂の吊尾根を見渡す。だんだん雲が厚くなってきた…天気予報と違う。不安。

100808奥穂西穂間ノ岳の登り

ピョコから急な岩場をクライムダウンした後は、間ノ岳へⅢ級程度の岩登り。岩を登りピョコに上がって、岩をクライムダウンか鎖でコルに下りる。ひたすらこの繰り返し。全体的に逆層なので、ソールが磨り減った靴を履いている私は、クライムダウンがおっかない。

100808奥穂西穂天狗岳の逆層斜面

このルートの見どころの一つ、天狗岳の逆層スラブ。積み木を積み重ねたような岩が、すべて滑り落ちそうな感じでこちらを向いている。傾斜も強く、こんなの登れんのか!という感じに見える。

100808奥穂西穂天狗岳の斜面拡大

鎖を頼りに斜面と格闘する人々。

100808奥穂西穂天狗岳の斜面を登る

私も鎖を頼りに畳のような逆層スラブを登りきる。一部、鎖が岩の割れ目にはまり込んで使えなかったものの、靴のフリクションが効いたので、まあまあ快適に登れた。でも岩が濡れていたらかなり緊張するでしょう…

100808奥穂西穂天狗岳山頂はい、無事に天狗岳山頂到着。岩屑が積み重なった山頂で、寝転がってごろごろしても大丈夫なくらい広い。(そんなことしたら岩が背中に当たって痛いと思うが。)
ザックをおろし、のんびりと休憩する。


次回に続く)

コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。