檜洞丸の秋~丹沢・檜洞丸


10/25 西丹沢自然教室~檜洞丸~西丹沢自然教室

丹沢の檜洞丸は私のお気に入りの山だ。
 檜洞丸のブナの森は、新緑(花と新緑の山歩き~檜洞丸、七沢温泉)も、そして厳冬期(縦走のはずが…~檜洞丸)でさえも美しい。

ただ、秋の檜洞丸には行ったことがなかった(夏に行く気はさらさらない)。紅葉の檜洞丸はさぞかし美しいことだろう。

ということで、ハイキング初心者を引き連れて、檜洞丸の秋を訪ねた。

151025檜洞丸・西丹沢自然教室からスタート

新松田からバスに揺られること1時間。登山口の西丹沢自然教室に到着。
 今日のメンバーは、華やかな山ガールズwithただのおっさん2人。女子校の引率の担任の先生と教頭先生といった風情である。

151025檜洞丸・ゴーラ沢出合

秋は天気によってはとっても寒いぞ~、とさんざんメンバーを脅したのだけど、今日は雲ひとつない秋晴れ、ぽかぽか陽気。
 でもゴーラ沢出合ですでになんとなく紅葉している。

151025檜洞丸・落ち葉の道

ゴーラ沢出合から、急な斜面を落ち葉を踏み踏み登ってゆく。私はこの落ち葉を踏む感触が大好きだ。

151025檜洞丸・ツツジ新道の紅葉

1000mを越えると紅葉の真っ盛り。西丹沢の森は美しい。

151025檜洞丸・主稜線に出た。

主稜線に出ると視界が開け、富士山が大きく見える。ここは、山梨、静岡との県境も近く、あの稜線の向こうは山中湖だ。
 山頂はもうすぐだ、頑張れ山ガールズ!

151025檜洞丸・山頂

エアリアのコースタイムを大幅に超過してやっとのことで頂上に到着。えらいばてているメンバーがいる。ハイキングがはじめて、かつ日頃運動をしていない人でも、元気の個人差はびっくりするほど大きい。
 頂上で、豚汁&すき焼きパーティーをして、鋭気を養い、たっぷり休憩をとる。

151025檜洞丸・頂上直下

帰りは来た道を戻る。富士山に向かって下りてゆく。主稜線のブナはすっかり葉を落としていた。

151025檜洞丸・日暮れ

日が傾き山が茜色に染まる。なんとも物寂しい風景だ。
 急がないと日が暮れる。初心者がいる山行の常だな…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です