ボロボロです…~八ヶ岳・中山尾根(2)


10/4 行者小屋~中山尾根~地蔵尾根~行者小屋~美濃戸

前回の続き)

091004夜明け

夜明け。ほぼ快晴。わずかに稜線に残る雲が朝日で赤く焼けている。

091004行者小屋朝の行者小屋。ひっそりしている。ただ、朝食の支度の音だけが聞こえる。


091004行者小屋から大同心朝食でご飯を三杯食べ、十分明るくなってから出発。小屋から大同心、小同心もよく見える。中山尾根も見えているはずだが、どれだか分からん。


091004中山峠中山峠までは登山道を行く。峠から進路は直角に右に曲り、樹林帯に突入。ここからひたすら踏み跡を尾根沿いに登ってゆく。


091004第一岩壁樹林帯をぬけるとすぐに第一岩壁が目に飛び込んでくる。どこを登るんだ…
第一岩壁の直下は狭いため、樹林をぬけたところで登攀の準備をする。それにしても寒い。さすがに10月だ。風はぴゅうぴゅう冷たく、手がかじかんでくる。


091004阿弥陀岳阿弥陀岳に日が当たる。でも中山尾根はまだ暗い影の中。寒いよ~。早く陽が当たってくれ~。岩を触る手の感触が鈍い。


091004第一岩壁登攀

まずは第一岩壁を登る。垂直でもホールドが多くて難しくないはず…だが、あまりの冷たさに途中で両手の中指から小指の感覚がなくなった。手の感覚なしで登るのはかなりおっかない。途中でレストして首のぬくもりで手を温める。

091004大同心小同心第一岩壁の上部のちょっとかぶったところを、アイゼンの跡を利用して越えて一息つく。大同心と小同心にも陽が当たり始めた。よく見るとどちらにもクライマーが取り付いている。


091004三ピッチ第一岩壁が終わると傾斜の緩い細い尾根が1ピッチ続く。簡単と思いきや、沢の土付きみたいにズルズル崩れる。おまけに落ち葉に霜が付いていて、フラットソールがツルツル滑って怖い。木をつかめば抵抗なくすっぽ抜ける…。トップがフィックスを張ってくれた。


091004赤岳阿弥陀岳

中山尾根は横だけ西面の切り立った尾根なので、眺めはとてもよい。天気もいいし、陽が当たって暖かくなってきてサイコー。

091004第二岩壁最大の難所、第二岩壁。上部がチムニー状でややかぶっている。しかし、素手+フラットソールで難なく越える。でもセカンドなので偉そうなことは言えない…


091004赤岳展望荘

第二岩壁を上がると縦走路が見えてきた。ゴールはもうすぐだ。

091004苔こんなボロボロの岩尾根に苔が生えている。


091004ラストピッチ最後の1ピッチ。
中山尾根はふつう、無雪期には登らない。その理由は来てみれば分かる。岩壁以外ボロボロだからだ。ホールドになりそうな岩すべてがグラグラしている。

さて、自分の番になって、頭のところにあったホールドを、手でちょっと押して、大丈夫かな~、と確かめたとたん、ぎゃー、頭ほどの大きさの岩がずっぽり抜けた。慌てて押し戻そうとしたが、重たくて手が負けた。ラーク!と言ったときには、下にいた仲間の肩にゴン!うわぁ~だいじょぶか~!?…落下距離が短かったため大事はなかった。

そこから石を落とさないように、上からヒュンヒュン落ちてくる石に当たらないようにめちゃくちゃ緊張しながら登った。


091004終了点

トップが終了点に出た。

091004終了

私も終了点に出た。一息ついて縦走路を眺める。
あとはこの縦走路をルンルン駆け下るだけだ。

091004地蔵地蔵尾根のお地蔵さん。地蔵がいるから地蔵尾根なのか、地蔵尾根だから地蔵を置いたのか…?


091004中山尾根2

地蔵尾根から中山尾根を見る。ほとんど崖のよう。よくあんなところを登ったもんだ。

091004行者小屋2行者小屋到着。登山者で賑わっている。
主稜線が良く見える。秋の空がきれいだ。


091004中山尾根ルート今回のルート(線はかなり適当に引いた。)
もう、あとは美濃戸まで一目散に下っていった。


(八ヶ岳・中山尾根、完)

コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。