登山家、名越さんとのこと


名越實さんとは、一度だけお会いしたことがある。

東日本大震災の復興支援ボランティアに最初に参加したときのことだ。
 陸前高田での瓦礫撤去を終え、遠野のボランティアセンターに戻り、一緒に汗を流した仲間と夕食に行った。
 そのとき、隣に座っておられたのが名越さんだった。
そのときの様子は、ブログにも書いている(「泥んこのガレキ運び」)。

その食事の席で、ボランティアに来る人は登山をする人が多くいる、という話になった。
 私も山に登ることを話すと、誰からともなく、山に登らない人から必ずされる質問、

「今まで登った山で一番高い山はなんですか?」

を受けたので、アイランドピーク、6150mであることを答えた。
 そして、私は隣に座っていた名越さんに、登山はされますか?とたずねると、名越さんは、ニコニコしながら

「私もヒマラヤに行きました。」

と答えられた。
そこで、私は「ヒマラヤのどこですか?」とたずねると、やっぱりニコニコしながら気負う風もなく答えられた。

「ウルタルIに初めて登りました。」

◎×△!!!、え~!!!、!!!
なんと、本物のクライマーだった。
Wikiのウルタルのページには、ウルタルIの初登頂者として名越さんのお名前が記されている。)
 その後、貴重なお話をいろいろと伺い、連絡先を交換してお別れした。
 常にニコニコとお話されているのが印象的だった。

その名越さんがお亡くなりになった。

不明登山家の遺体発見=北アルプス・槍ケ岳-長野」(時事ドットコム、6/8)

ご冥福をお祈りいたします。

コメントを残す