富士と一緒に縦走~本社ヶ丸から河口湖アルプス(2)

10/24 笹子駅~本社ヶ丸~御坂山~鬼ヶ岳~根場

前回の続き)

20211024 御坂峠

御坂山からほどなくして御坂峠。
藤の木から河口湖へ続く道が横切る広々とした峠。休業した御坂茶屋が立っている。
そして、峠の一角には天神様が祀られている。

20211024 御坂峠から黒岳への道

御坂峠から黒岳への道はまるで遊歩道。御坂峠から黒岳へ登るハイカーが多いのだろうか?峠ではひとりと会っただけだが。

20211024 黒岳山頂

黒岳山頂は展望がない。だが、南にちょっと行くと展望台があるそうだ。
ぼちぼち時間が気になってきたので、展望台を割愛して先に進む。

20211024 黒岳の下り

引き続き快適なトレールをスズラン峠目指して駆け下る。

スズラン峠を通過し、破風山を越え、新道峠に向かって走り続けると...

20211024 新道峠の展望台

突然下界に出た。
新道峠はすぐそばまで車道が通っていて、観光地になっていた。ザックを背負って走っている私は完全に場違いだ。
写真だけ撮って、そそくさと退散。

20211024 中藤山山頂

トレールに戻れば、静けさが戻る。
誰もいない中藤山の山頂で一休み。ちなみに中藤山は「なかっとうやま」と読む。

20211024 中藤山の露岩

中藤山から、細い尾根道をふさぐような露岩が現れる。走り続けるのも疲れるし、気分転換にちょうどいい。

20211024 大石峠

13:07大石峠に到着。やっと終わりが見えてきた。
ここまでの峠は林の中だったが、ここはカヤトの原で、開放感がある。
この時期は、1時を過ぎると、早々と陽が弱くなり風も冷たく感じる。

20211024 大石峠から金堀山への登り

大石峠から先は、やや道が悪くなる。いや、今までが良すぎたか。
それにしても、後半にこの登りはしんどい。

20211024 きのこがたくさん

美味しそうなきのこがたくさん。

20211024 節刀ヶ岳山頂

稜線から外れ、ガレをひと登りすると、節刀ヶ岳山頂。
低灌木に囲まれた眺めの良いピーク。

20211024 節刀ヶ岳から来し方

来し方を振り返る。
黒岳より先は見えないが、朝、大きく見えた三ツ峠山が遥かに遠い。

20211024 鬼ヶ岳山頂

節刀ヶ岳から稜線に戻り、岩のぴょこを登りきると鬼ヶ岳山頂。本日最後のピーク。ここで下山開始。

20211024 鬼ヶ岳山頂から西に続く縦走路

縦走路はさらに西に、王岳、三方分山を経て本栖湖へと延びている。かつて歩いたことがある(「陽だまり、改め地獄のハイキング」)。
2時半を過ぎ、山々は靄に溶け込んでいく。

20211024 鬼ヶ岳と雪頭ヶ岳の中間点

鬼ヶ岳から雪頭ヶ岳の間は、岩々していてちょっとあぶない。ここも両側が切れていて、ちょっとした岩のへつりみたいなところがある。写真ではわかりにくいが、岩陰は霜柱が融け残っていて、ぐじゅぐじゅ滑る。こんなところで落ちても誰も助けてくれない。

20211024 雪頭ヶ岳へのはしご

さっきの岩を越えると、今度ははしごで下る。
そして、岩のぴょこの雪頭ヶ岳をすぎれば、もう危ないところはない。

20211024 西湖と富士山

西湖、そして静かにたたずむ富士山。今日はずっと富士山と縦走してきた。
こうして正面から向き合うと圧倒される。富士山には何回か登ったが、やっぱり見る山なのかもしれない。

20211024 午後の森は赤みが強調される

順調に高度を落とす。耳がつんとしてきた。
冬の午後の森は、赤みが強調される。

20211024 鬼ヶ岳登山口

15:31、鬼ヶ岳登山口に無事に下山。
最近では珍しいことに、ついに今日はトレイルランナーに一人も会わなかった。走りやすいトレイルなのに。
山は走るところじゃない!と思っている(気持ちはわかる...)ハイカーにお勧めのルート。

根場入口バス停で富士急行バスの西湖周遊バスに乗る。16:12の終バスだ。これに乗り遅れたら帰宅困難者になってしまうので、気が気じゃなかった。

20211024 車窓から河口湖アルプス

車窓から、河口湖を囲む暮れ行く山並みを眺める。今日登った山々だ。

河口湖駅について、さて温泉だ!と温泉を探す。しかし、コロナのためすぐに立ち寄れる温泉が見つからない。1時間ほどうろうろしたあげく、あきらめて帰途につく。
今日は長かったな~、温泉入りたかったな~...最後に不完全燃焼。

参考:
笹子駅7:27-9:29本社ヶ丸9:39-11:05御坂山11:10-13:07大石峠13:17-14:02節刀ヶ岳14:08-15:31鬼ヶ岳登山道入口

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

山と高原地図 富士山 御坂・愛鷹山
価格:1210円(税込、送料無料) (2022/3/21時点)

(本社ヶ丸・河口湖アルプス、完)

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。