山登りトレーニング・精度もコスパもよい心拍計~CatEye HR-11


トレランや登山の持久力トレーニングにおいて、心拍計(ハートレーセンサー)の重要性は強調してもしすぎることはない。

持久力アップのためのトレーニングは、目的に合わせて「強度」と「時間」を調整しなければならない。この強度を通常のマラソンでは1kmを走るのにかかる時間で計る。「キロ5分」とか「キロ6分」とか言う。しかし、1km走る運動強度は個人差が大きいうえに、トレランや登山では、トレーニングで走るにしてもアップダウンを意識して走るので、1kmあたりの時間はあまり参考にならない。

そこで、心拍数の出番だ。トレーニング時の心拍数が最大心拍数の何パーセントであるかによって、その時の運動強度を見積もることができる。
しかも、光学式心拍計がスマートウォッチに広く搭載されるようになって、手軽にトレーニング中の心拍数を測定し、記録できるようになった。
私も Garmin”ForeAthlete935″を使っている。

しかし、ここで問題が。

登山のトレーニングについての名著”Training for the NEW ALPINISM”には、最大心拍数の55-75%の強度の運動は、基礎的な持久力を向上させ、80-90%の運動は、無酸素運動のよいトレーニングになると書かれている。一方、その間の75-80%の運動は、”no man’s land”(不毛の地)のトレーニングで効果が小さいとしている。
これに合わせてトレーニングしようとしても、光学式心拍計では難しい。測定誤差が最大心拍数の5%以上あるからだ。持久力のトレーニングを1時間やったつもりが、不毛の地を1時間走っていただけになりかねない。
また、誤差が大きいため、段階的に心拍数をあげて追い込んでいくインターバルトレーニングを効率的に行うのも難しい。

そこでトレーニングには、専用のセンサーが必要になる。

Garminもアクセサリとして用意している。例えば「ハートレートセンサー HRM-Pro」という胸に密着させて心拍数を計るセンサーだ。

でもね、これ、とっても高いの。

代替品を探すと、CatEyeの

CC-GL50 HR-11 ANT+心拍センサー 160-3760

が見つかった。楽天でみると値段はGarminの半分以下。買って使ってみた。

210801 Garmin ForeAthleteとCatEye HR-11

形状はGarmin HRM-Proと同じ胸にバンドで取り付けるタイプ。ANT+インタフェースに対応しているので、Garmin ForeAthleteと同期することができる。

210801 CatEye ForeAthlete

センサーは、バンドから簡単に取り外すことができる。なので、汗でぐっしょりのバンドは気兼ねなく洗える。

実際に走り比べた。

210801 光学式
210801 HR-11

上が、Garmin ForeAthlete 935の光学式心拍計。下がCatEye HR-11。
同じコースを走ったときの心拍数。前半の6つの連続するピークは、坂ダッシュを6回繰り返したインターバルトレーニングを表している。
違いが分かりやすいように、光学式心拍計は特に誤差が大きかった時のデータだが、HR-11は標準的なデータとした。

違いは一目瞭然で、光学式心拍計は、ノイズが多いうえに、死んでしまうほど急激に上がったり、下がったりしている。インターバルトレーニングの心拍数のピークも捉えられていない。一方、HR-11は、全体的に滑らかで、インターバルトレーニングの心拍数の徐々に大きくなるピークもきれいに捉えられている。

公平のために言えば、HR-11も万能ではない。寒く、特に乾燥しているときにはセンサーの感度が悪いようだ。汗をかき始めるまでかなり高めの値(+10~20くらい)を示す。

それでも、HR-11を使い始めたら、もう光学式心拍計ではトレーニングできない。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

キャットアイ(CAT EYE) CC-GL50 HR-11 ANT+心拍センサー 160-3760
価格:5879円(税込、送料無料) (2021/8/1時点)

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。