東京オリンピックが始まった


ついにと言うか、とうとうと言うか、人によって違うと思う。
昨日、東京オリンピックが始まった。

開催か中止かいろいろな意見があったが、私はできるだけ純粋な競技会として開催して欲しいと思っている。

パンデミック始まってから1年半たち、私たちは我慢できずに街や近隣の観光地をウロウロしている。それなのに多くの選手たちは、5年間、数千時間におよぶ厳しいトレーニングに耐え、食事や飲酒など制限し、健康に細心の注意を払ってオリンピック出場のため生きてきた。
街をウロウロしている私には、中止とは言えない。

一方で、コロナのさらなるまん延を恐れる人々の心配ももっともだ。
でも、数千人の感染者を出すに至ったこの日本の現状は、選手に責任があるのではない。後手後手で有効な対策を出せない、出そうともしない政治や行政、そして、感染が広がっていることを知りながら、街をウロウロしている私たちの行動の結果だ。

周囲の人やマスコミの反応をみると、国や自治体やオリンピック委員会のいう「安心安全」は信用ができない、というのが多数の日本人の気持ちのようだ。私も何が「安心安全」なのかよくわからない。

だからこそ、選手の皆さんには、油断することなく、この5年間の努力の成果を、無事に発揮できるように頑張って欲しい。

20210723 ブルーインパルスが上空を通過

酷暑の中、汗をたらしながら空を見上げる。12時40分過ぎ、ブルーインパルスがカラースモークをなびかせながら上空を通過。

20210723 ブルーインパルスの五輪

ブルーインパルスは、いちどは視界から消えた。そしてしばらくすると、再び現れ、空に大きな五輪を描いた。その姿は、静かに滑空するハヤブサのようだった。

コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。