国境を越えてボリビア・コパカバーナ~ペルーの旅(15)


5/4 プーノ~コパカバーナ~太陽の島~プーノ

前回の続き)

プーノに行って何をするか?ペルーに到着しても決めかねていた。
というのも、プーノの観光の目玉は、何といってもティティカカ湖の浮島訪問だ。湖に浮かぶ葦で作った島の上に村があり、たくさんの人が暮らしている。ただ、話を聞いてみると、当然のことながら観光地化されていて、島に上陸すると子供たちが土産を売りにきたり、並んで歓迎の歌を歌ってチップを要求するという。観光地であり、私も観光客なので、それは致し方のないことだが、そういうのはちょっと苦手だ。
そこで、チチカカ湖に沿ってバスで南下し、国境を越えて、ボリビアのコパカバーナに行くことにした。コパカバーナは行ったことがあるが(「ティティカカ湖、世界最高所の湖へ」)、太陽の島をゆっくり見ることができなかったので、心残りだった。また、ペルーからコパカバーナにバスで行けば、陸路の旅が南米最南端の都市アルゼンチン・ウスアイアからペルーの首都リマまでつながって、なんか気分がいい。

5時半に起床。ホテルでコンチネンタルの朝食。コカの葉がおいてあった。
愛想のよいオジサンがワゴンでホテルに迎えに来た。チケットを手渡され、ワゴンでバスターミナルに連れていかれる。ツアーは、ホテルからバスターミナルの送迎、コパカバーナ往復のバスのチケット、そしてコパカバーナでのガイドがセットになっている。

190504プーノでバスに乗る

ボリビアの首都、ラパス行の長距離バス。これに乗ってコパカバーナで途中下車する。南米の途中下車にいい思い出はない(「国境を越え、サンペドロ・デ・アタカマ到着」)、、、気を引き締めないと。

ところがバスに乗れない。乗車手続きをしているまだ十代と思しきおにいちゃんが、バスの往復チケットの「復」を見て、座席の予約が正しくないと言っている。英語が通じないので、スペイン語で往復チケットだ、よく見ろ!と何度もいうが、全く気付いてくれない。結局最後まで待たされて、席が空いているのを確認して乗せてもらった。

190504チチカカ湖の養殖いかだ

日が昇り、明るくなってきたので外を見る。バスはずっとチチカカ湖に沿って走っている。チチカカ湖の湖面は標高3890m、富士山より高い。面積は8300km2、兵庫県と同じくらい。あきれるくらいでかい。古代湖(10万年以上存在している湖)でもある。

養殖いかだが浮いている。昨日食べたマスもこうやって養殖されたのだろう。

190504稲わら?

円錐形の稲わらのようなものがたくさんある。なんだろうか?
ずーっとこの景色が続く。思わずうとうとし、そしてはっと目が覚めて、アプリで現在位置を確認する。

190504ペルー側両替

国境手前の両替屋でバスが停車。現金がないのは不安だし、チップも必要なので10$だけボリビアーノに替える。驚くことに円の両替もできる。

190504国境、バスを下りる

追い立てられてバスを下りる。国境に到着。
ペルー側のイミグレで出国手続き。そして、土産屋の前を国境のゲートに向かって歩く。乾いた日射しが痛い。

190504バスは国境を通過

バスは一足先に国境を通過。このゲートの先はボリビア。

190504国境ペルー側

おお、これはブログやガイドブックでよく見たやつだ。

我々も歩いてゲートを通過。

190504ボリビア側トイレ

ボリビアに入ってまず目に入ったのはトイレ。なんと、日本語で「トイレ」と書いてある。

ボリビアのイミグレで入国手続き。チチカカ湖西岸のもう一つの国境、デサグアデーロのイミグレはガラが悪くて、貴重品がなくなると聞いていたので、ちょっとビビっていた。でもここ、ユングーヨのイミグレは、書類を受け取ると何を聞かれることもなく、無言でパスポートにバン!とスタンプを押されて無事入国。

再びバスに乗って、コパカバーナに向かう。が、コパカバーナの街の入り口でバスを下ろされてしまった。今日は、カーニバルの日なので街にはバスが入れないとのこと。
無事ガイドさんと合流して、まずカテドラルへ。街からにぎやかな太鼓の音が聞こえる。前回より人通りもすごく多い。

190504コパカバーナのカテドラル

美しいカテドラル。聖堂内は撮影禁止。

190504カテドラルで結婚式

カテドラルの出口の一つに人が集まっていた。結婚式だ。新郎新婦の前で、歌やダンスが続く。

190504コパカバーナのカーニバル1

カテドラルの前の湖に続くメインストリート。カーニバルのパレードが行われていた。
シンバルやトランペットの賑やかな演奏。そして色とりどりの民族衣装を着た人々が、クルクルと踊りながら、ゆっくりと前進していく。楽しそうだ。
ボリビアやペルー、さらにはチリからもいくつもの民族が集まり、踊りを披露するそうだ。

190504コパカバーナのパレード

色も形もさまざま。

190504パレードはチチカカ湖へ

湖への道はぎゅうぎゅうだ。スリにやられてはかなわんので、バックパックを前にしっかりと抱え込む。

190504カーニバルの衣装

これは衣装。派手で手が込んでいる。重そうだな~。

190504チチカカ湖湖畔のレストラン

なんとか湖岸まで下りてきて、湖畔のレストランで昼食。
日陰のテラス席。日なたは暑いが、さすが高地だけあって日陰は涼しい。マスかチキンとのことなので、今日はチキンにする。お金が少ししかないので、ビールはやめてコーラ。

湖畔の通りでは、パレードを終えた人々が、ビールや焼酎のようなものを陽気にがぶがぶと飲んでいる。

次回に続く)

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。