今日も海と空を眺めて過ごす一日~チリの旅(21)


11/23 プエルト・ナタレス~プエルト・モン

前回の続き)

「バサッ」という物音で目が覚める。
船が揺れ、壁に立てかけてあったザックが倒れた音だ。ペットボトルも船の揺れに合わせ、ゴロゴロと通路を行ったり来たりしている。
突然、船が大きく揺れ始めた。外洋に出たようだ。

窓の外を見ると、そこには満点の星空。
真夜中のデッキに出て空を見上げる。逆さのオリオン、鋭く光るカノープス。天頂付近には、日本では、ほとんど見ることのできないアルケナル。さらに南に視線を動かせば、天の川に埋もれた逆さまの南十字に、雲のような大小マゼラン。
人工の光は、岩場を示す遠くに見える灯標のみ。

星の光に埋もれて星を眺める。

171123外洋に出た

フェリーは一時的に外洋に出る。風は穏やかだが、船はゆっくりと左右に揺れている。
あいかわらず、クジラを探すくらいしかやることがない。
今日もひたすら海と空を眺めて過ごす。

171123 右手にかすかに南米大陸が見える。

今まで両岸に見えていた山々は見えなくなった。
右手にかすかに陸地、南アメリカ大陸がかすんで見える。左手にはどこまでも続く大海原。

171123 23日の昼食

昼食。
同じような物を食べ続けているためか、あるいは暇すぎるためか、一瞬、今日が何日目で船に何泊するのか分からなくなってしまう。

171123 外洋から再びフィヨルドのチャネル

昼過ぎ。外洋から再びフィヨルドの狭いチャネルに入る。なんと複雑な航路を取ることか。(航路はここ)。

171123 シーライオンの島

波が消えた。細長いフィヨルドの海には船を揺らす横波はない。チャネル方向に進むソリトンのような細かい波があるだけ。
そんなことを考えていたら、デッキにいた人々から歓声があがる。なんじゃらほい?
みんなが指さすほうを一生懸命凝視する。しかし、よくわからない。双眼鏡を借りて眺めると、小さな島の上にシーライオンがびっしりと横たわっている。

とりあえず写真に撮ったけど、よくわからないな~。

171123 フィヨルドの天気は良く変わる

外洋では穏やかな晴れだったが、フィヨルドに入ったとたんに、風が吹き、様々な形をした雲が、空を横切ってゆく。また、パタゴニアに戻った気分だ。
しかし、あたりの山々にはもうほとんど雪はない。

夕食前に、ホールに集められる。プエルト・モンの説明を受ける。そう、明日、フェリーはプエルト・モンに到着し、船の旅は終わる。

そして、私の旅の終わりも近い。

171123 23日の夕食

夕食。パサパサ七面鳥。

171123 夕日が沈む

夕日が沈む。と思ったがなかなか沈まない。船が動いているので、山に太陽が沈んだかと思うと、山の斜面からまた太陽がこんにちはしたりしている。
しばらく、夕日を眺めて過ごす。なぜかデジャブ感が…そういえば昨日も同じようなことをしていた。

今日もbeautiful dayだったことに感謝。

次回に続く)

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

コメントを残す