晴れのち雹のち雨のち晴れ~チリの旅(20)


11/22 プエルト・ナタレス~プエルト・モン

前回の続き)

171122 クジラを求めてデッキをたむろ

このフェリーは、欧米では有名らしく、様々な国の人々がこのフェリーに乗りに来ている。しかし、今、このすべての人に共通するものがある。

それは、暇なことだ。

フェリーはノロノロと灰色の海と灰色の空の間を行く。両岸の山並みもほとんど変わり映えしない。
やることといったら、そう、こうやってデッキに出て、冷たい雨風に打たれながらクジラを探すことだ。

171122 難破船

船内放送。本日の見どころその3、難破船。
いつからここにあるかとか、説明を聞いた覚えがある。でもすっかり忘れてしまった。ただ、一瞬の晴れ間に輝く海が美しかった。

171122 ひょうが降ってきた。

突然、ザラザラと音がしたかと思ったら、雹が降ってきた。いててて。
カフェテリアに逃げ込む。
ちょうどおやつにはいい時間だ。カフェテリアでエスプレッソを飲みながら、暇なときに読もうと思って持ってきた、機械学習の本のページをめくる。

171122 雹の後に虹。

雹がやんで薄日が差し始めた。虹だ。毎日、虹を見ている気がする。ここでは虹は当たり前の気象現象だ。
晴れ雨、雹と天気がクルクルと変わる。

171122 夕食はパスタ

夕食はパスタ。うまくはないが、ここでは比較的ましなほう。
スウェーデン人やスコットランド人とスポーツの話をする。欧米人はおしゃべりが好き。食事ごとにたっぷり英会話。こんなに濃密に英語を話し続けたのは、初めてかもしれない。

171122 日没が近づく

晴れたのでデッキに出る。
相変わらず風は強く冷たい。あまり人もいない。風の音しか聞こえない静かな夕暮れ。

171122 向こうは雨

ここは晴れているが、向こうの山では激しい雨が降っているようだ。ほんの少し離れたところでも天気が違う。そして、風に流される雲とともに雨もサーっと音をたてながら移動してゆくのがわかる。

171122 茜色の雲と海

空と雲と海が不思議な色彩を織りなす。
一日が終わろうとしている。今日もbeautiful dayだったことに感謝。

部屋に戻ってまた洗濯。でもここはオイルヒーターがつけっぱなしなので、洗濯物が早く乾いてありがたい。

次回に続く)

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

コメントを残す