2000km彼方のプエルト・モン目指して出航!~チリの旅(17)


11/21 プエルト・ナタレス~プエルト・モン

前回の続き)

171121 フェリーのデッキ、トレーラーがのっている

7時起床。よく寝た。デッキに出る。
フェリーは、出航していないので、まだプエルト・ナタレスの港にいる。
雲はあるが強い陽が射している。ここに来てから一番いい天気だ。海からの風は相変わらず冷たくて強い。

171121 フェリーの食堂

8時に船内放送があり、朝食の準備ができたことが告げられる。フェリーではすべての食事が用意されている。
食堂に行くと待ちきれない人たちが列を作っていた。なんだか、学食のようだ。

171121 フェリーでの朝食

オートミールにパン、チーズ、ヨーグルトにフルーツ。そしてインスタントコーヒー。いたって普通のチリの朝食。
窓越しにプエルト・ナタレスの街を見ながらモギュモギュ食べる。一体、いつになったら出航するのだろう…。予定時刻はとうに過ぎている。

171121 フェリーの船内図

壁に貼ってあったフェリーの船内図。
(私が乗った中では)かなり大きなフェリーで全長136m、118人の乗客を収容する。食堂の他にバーカウンターのあるカフェテリアなどがある。

171121 旅の説明会

船内放送でカフェテリアに集まるように指示があった。
これから始まる旅の説明会だ。
旅程、そしてパタゴニアからチロエ島、プエルト・モンの自然や文化の説明、そして最後に船内での注意。
1回目がスペイン語、2回目が英語と、いずれもこのおじさんがユーモアたっぷりに語る。英語の説明を聞く人のほうが圧倒的に多かった。

出航してすぐに、船の幅の2倍の広さしかないチャネルを通るそうだ。潮や風に制限される。そして今は風が強くて出航できないとのこと。そしてその先も同じようなチャネルを通るために、場合によってはその前で、条件が良くなるのを数時間待つこともあるそうだ。

171121 エンジン始動、プエルト・モンを目指して出航

船底から低い唸りが響てくる。やがて水面に白い泡が立ち、フェリーがゆっくりと護岸を離れる。
プエルト・モン目指していざ出航だ!

このNavimag社のフェリーは、プエルト・ナタレスからプエルト・モンを週1往復している。
プエルト・ナタレスからプエルト・モンへ、南米西岸の入り組んだフィヨルドを、3泊4日かけて2000km弱を縦断する。なんでこんなところを…というルートだ。
文章じゃ分からないと思うので、下の地図を見て欲しい。

ルートのほとんどがパタゴニアの無人地帯を通る。手つかずの自然の中で、イルカやクジラ、様々な海鳥と会えるとのこと。楽しみだ。

171121 さようならプエルト・ナタレス

さようなら、プエルト・ナタレス。
パイネトレッキングを完歩するために、いつかきっと、また来るよ!

171121 出航してすぐのデッキ

出航はしたものの、船は動いたり止まったりを繰り返し、なかなかプエルト・ナタレスから離れない。でも、もうのんびりとクルージング気分。

171121 食事のメニュー

12時半、放送があり、食堂に行く。
食堂の入り口にはメニューが貼ってあった。なになに、ランチはpollo(鶏肉)か。

次回に続く)

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

コメントを残す