ネパール大使館


2月15日以来久々の更新。
 忙しいながらもいろいろなことがあった...

(忙しいので中略)

ということでネパール大使館に行って来た。

ネパールに行ったときには、たくさんの人に親切にしてもらった。
 そして、テレビの震災後のカトマンズの中継では、ペットボトルの水をもらうために長い行列に並んでじっと待っている人々がいた。
 震災で困っている人々に何かせずにはいられない。

でも自分にできることは義捐金を送ることぐらいだ。
 義捐金を送るには、支援組織経由で送るのが一般的だ。
 しかし、ネパールは予算に乏しい国なので、ネパール大使館経由でネパール政府に直接現金を送るのが、復興支援という意味では一番いいだろう。

ネパール大使館は、目黒の閑静な住宅街にあった。
 近所にはタイ大使館やキルギス大使館など多くの大使館がビルを構えている。
 しかし、ネパール大使館は普通の一軒家だった。

玄関のドアを開けて家の中に入る。
 大使館のお知らせが書かれたプレートがかかっていることだけが、普通の家の玄関とちがっていた。

普通の家のリビングに入る。
 ダイニングとリビングの間に仕切り(といっても市役所の窓口みたいな感じ)があって、そこが受付の窓口になっている。
 日本人らしき女性とネパール人らしき女性が座っていた。
 義捐金の旨を告げ、お金の入った封筒を渡す。
 お礼を何度も言われて終了。

なんだか、普通の家にお邪魔して、郵便物を渡してきたみたいな感じだった。

ネパールはこれから雨季に入る。
 普段でも雨が降るだけで道路が流されてなくなってしまうような状況なのに、インフラが震災で破壊されたまま雨季に突入することになる。
 人々は今よりももっと厳しい状況に直面することになるかもしれない...

ちなみに義捐金を渡すために、わざわざ大使館に行く必要はない。
 銀行振り込みでもOKである。
 詳細は、ネパール大使館のホームページをみてね。
http://www.nepalembassyjapan.org/japanese/

コメントを残す