三つ峠クライミング、祝富士山世界遺産登録記念!だが、、、


7/6 三つ峠

マルチピッチクライミングの練習に久しぶりに三つ峠へ。三つ峠は富士山の展望台としても知られている。そこで、今回のテーマはとってつけた「祝富士山世界遺産登録記念」。早朝に東京を発ち、無数のレンズ雲が浮かぶ怪しい天気の中、中央道を三つ峠に向かう。

三つ峠登山口
途中で見た電光掲示板に富士山五合目駐車場は1時間待ちとの表示あり。人の多さに恐れおののく。そして、三つ峠の登山口の駐車場もすでに満車。こんなことは初めてだ。

mitsutoge-1-2

今日の天気予報は晴れ。雨の確率20%。しかし、歩き始めてまもなく、道はガスに閉ざされ小雨がぱらつく。うむむ、これでは岩を登れん(=雨の中登るのはイヤだな~)。しかし、ちょうど今三つ峠は花盛り。雨露に濡れたアヤメがきれいだ。

mitsutoge-1-3

オダマキも何種類か咲いている。どれがなんだかさっぱり分からないが、これは花の色がおもしろい。

mitsutoge-1-4

三つ峠山頂はガス。岩は濡れている。屏風岩を登るつもりだったが、風も強くて上に抜けられないため、1ピッチ目が大混雑とのこと。そこで天狗岩で基礎技術の練習に変更。残念。
 まずはひたすら懸垂下降をする。

mitsutoge-1-5

懸垂下降に飽きたので、ガスの中、トップロープでフリークライミング。クラックに手を突っ込むと、ぐにゅ、と手が泥だらけになった。気持ちわる~い。

濃いガスで、富士山はおろか屏風岩の岩壁さえ見えない。気温も15度で肌寒い。

mitsutoge-1-6
天気に文句を言いながらも結局1日遊ぶ。下山後は、蒸し暑いにもかかわらず、なぜかほうとうを食べに行く。わけが分からぬまま、わけの分からない形をした店に入る。

富士山の笠雲と吊るし雲

汗だくになり店を出ると、目の前の富士山に3段の笠雲とブーメランのような吊るし雲がかかっていた。灰色の塊が見る見る成長して大きくなってゆく。おどろおどろしい。

こんな天気だけど、ニュースは、今日、関東甲信越地方が梅雨明けしたことを伝えていた。

(完)

コメントを残す