山ヤよ、旅人よ、保険について学ぼう


山に登るにしても、海外を旅するにしても入ったほうがいい保険。

山ヤ、兼、旅人の私にぴったりの記事が、日経新聞に掲載されていた。

海外旅行・山岳保険、補償どこまで安心か

海外旅行保険と山岳保険の基礎が分かりやすく説明されている。
 みんな読んでおくように。

以上。

ではみもふたもないのでコメント。

私は海外旅行保険はネットで安いところを検索して決めている。でもだいたいこの記事で紹介されている、損保ジャパンのネット保険「off!」になる。
 実際に保険を使ったことはないが、使いそうになったことはある(旅行記は「ブエノスアイレスへGO!」)ので、やっぱり入っていたほうが安心。

記事の中ではいわゆる「山岳保険」を紹介している。しかし、ハイキングのみであればカードに付帯した旅行保険でカバーされる場合もあるので、ハイキングしかしない人は、まず自分のカードを調べてみることをおすすめ。

私は登攀を含むバリエーションがメインなので、日本山岳協会山岳共済会の山岳遭難捜索保険の一般登山の一番安いやつに入っている。いくらお金が用意できるかで、どれだけヘリが飛ばせるか決まるところもあるが、今のところ捜索費の限度額300万円は当座のお金としては十分と思う(あくまでも今のところ)。

でもやっぱり安心なのは、手元にすぐ使える現金を用意しておくことかな。
南米で飛行機に乗り遅れたら、まとまった現金がないと帰ってこれないし…

2件のフィードバック

  1. メイウェンティ より:

    行き先は台湾なので、ほとんど必須項目+救援者費用のフリープランに空港で入ります。

    日経の記事をfacebookのタイムラインにアップしました。ありがとうございます。

    • 惰性人 より:

      台湾でもネットの保険のほうが少し安いのではないかと思います。
      私はネットで入って、クレジットカードで払って、ちょっとでもポイントをためています。
      それをいつかマイルに変えることを夢見て…

コメントを残す