パフィン、氷河、蜃気楼~アイスランド&グリーンランド(8)


8/6 レイキャビック~ヴィーク~スカフタフェットル

前回の続き)

120806アイスランド、グリーンランドの旅・Vikの海岸1

ヴィークは海辺の小さな街だ。そのドライブインの駐車場にバスは停車。ドライバーが1時間後の出発を告げる。はっ?1時間?聞きなおしたがやっぱり1時間だ。時刻は1時半、どうも昼食の休憩らしい。ドライバーが「浜辺をずっと行ったところの崖にパフィンがいる」と言うので、食事は後回しにして海岸に出る。すっかり天気は回復して陽射しが眩しい。確かに鳥がいっぱい飛んでいて、海に突入したりしているのだが、アジサシのように見える。

120806アイスランド、グリーンランドの旅・Vikの海岸2

真っ黒いサラサラした砂の海岸。溶岩が崩れてできた砂のようだ。浜辺はぐるりと崖に囲まれている。

YouTube Preview Image

波打ち際に沿って西へ10分ほど歩くと海に突き出た崖に行く手を阻まれる。ここかな?鳥はたくさん飛んでいるんだけど、どれがパフィンやらさっぱりわからない…

120806アイスランド、グリーンランドの旅・Vikのパフィンこれか!バタバタと不器用に羽をばたつかせながら、陸から海へ真っ直ぐ飛んでゆくフェアリーペンギンみたいな鳥がいる。高いところを飛んでいて小さくしか見えないが、この色、形、おそらくこれが私が一昨日食べたパフィンだ。

120806アイスランド、グリーンランドの旅・Vikのオブジェ

ここに来てからすでに30分たった。急いでドライブインに戻ってランチにしなければ。花咲き乱れる海岸沿いの遊歩道を急ぎ足で歩く。意味が分かるようで分からないオブジェが。アイスランドにはこの手の現代美術的オブジェがあちこちにある。

120806アイスランド、グリーンランドの旅・Vikで昼食はい、ランチ。ドライブインはバーガー屋さんでした。値段ははっきり憶えていないがこのフィッシュバーガーは600円くらい。高そうに思えるが、マックのバーガーの3倍くらい大きさの巨大バーガーだ。量を考えればかなりお徳。

120806アイスランド、グリーンランドの旅・Vikの地図

駐車場にあった周辺地図。海沿いの実線が今いるハイウエー1号。白いのは氷河。太い点線は内陸に向かう幹線道路だが、点線は未舗装を表す。それも4WD以外通行不可だ。恐るべし。そして右側の看板は地図上の観光地ほか、宿泊施設、キャンプ場、トイレやシャワーの有無などこと細かに書かれている。日本も観光に力を入れるならこれくらいしないと。

120806アイスランド、グリーンランドの旅・ひたすら東に進む

再びバスは東へ。お腹がいっぱいになりねむくなる…と思いきや、ヴィークからフランス人高校生らしき20人くらいの団体がバスに乗り込んで、ギャーギャー騒いでいる。うるさくて眠れない。欧米人も子供はうるさい。というか日本の高校生よりうるさい。

車窓から外を眺めれば、遠くの山、いや、地平線付近に並ぶ山の連なりすべてが、すっぽりと白いものに覆われている。氷河だ。

120806アイスランド、グリーンランドの旅・Skeiðarársandurの川

緑の多かった景色は一変し、無数の川と河原を延々と横切る。”Skeiðarársandur”と呼ばれる場所だ。氷河から流れ出る川や、さらには火山が氷河の中で噴火して起きた大洪水によって作られた、河原のような場所だ。それが50km以上続いている。幅50kmの黒い河原だと思ってもらっていい。

120806アイスランド・グリーンランドの旅、蜃気楼

まっ平らな平原。照りつける太陽。無風。自称、蜃気楼ウォッチャーのアンテナがピン!と立つ。海側の平原の地平線に目を凝らす。やっぱりあった、蜃気楼だ。地平線の陸地が浮かんで見える。蜃気楼は暑くないと見えないと思う人がいるかもしれないが、そうでもない。今の気温は15度くらいだろう。今まで、サハラ、タクラマカン、ナミブの砂漠、パタゴニアで蜃気楼を見た。確かに敦煌郊外のタクラマカン砂漠で見たときは気温が40度を越え、まるで大洋のど真ん中にいるような見事なものだったが、チュニジアのサハラ砂漠で見たときは、気温は0度以下で砂漠に霜が下りているほどだった。

YouTube Preview Image

Skeiðarársandurは続く、延々と続く。高校生もずっとうるさい…。前方に新たな氷河が見えてきた。

120806アイスランド、グリーンランドの旅・Skeiðarársandurの氷河

相変らずSkeiðarársandurにいるのだが、氷河がどんどん近づいてきた。このヴァトナ氷河の麓に今日の目的地、スカフタフェットルがある。今見ているのはヴァトナ氷河のほんのすそ、レースのテーブルクロスの端っこの模様の1つくらいのものだ。ヴァトナ氷河は(アイスランド人いわく)ヨーロッパ最大の氷河で面積は8,100 km²、静岡県よりでかい。う~ん、でかい。

120806アイスランド・グリーンランドの旅、スカフタフェトルバスは左折し1号線から離れて、黒い砂地の平原を山へと向かって進む。そして黒い砂地と緑の尾根と灰色の氷河が交わる場所に突如として駐車場と何棟かの建物の建つ広いキャンプ場が現れた。3時10分、スカフタフェットル国立公園のキャンプ場に到着した。

次回に続く)

コメントを残す