静かな空の旅の必需品~Sony NW-S764


唸りをあげながら翼を震わせ、機体はすっと浮き上がり大地の束縛から離れる。まだ見ぬ土地を思い、私の心も日常の束縛から離れる。私にとって心躍る旅の始まりの瞬間だ。

低音と高音が入り混じった”ゴーゴー、キーン”という騒音を轟かせながら、機体は高度を上げる。うるさい。”ポンッ”とベルト着用サインが消える頃には若干マシになるが、でもうるさい

航空機の機内騒音は相当うるさいものだ。

あまりにうるさいので、機内サービスの音楽は聴く気になれない。映画のサービスも、日本映画や日本語吹き替えならさすがネイティブ日本人なので聴き取れるが、英語しかないときにはかなり絶望的な気分になる。

そんな空の旅を快適にするために使っているのがこれ。

SONY NW-S764 (N) + ロジテック LHC-AW01 + ミヨシ MBS-AD35

SONY NW-S764はSONYのノイズキャンセリング機能搭載のメモリーウォークマン。このウォークマンがすごいところは、外部入力の音声もノイズキャンセルでき、さらに機内騒音に特化した「航空機モード」があること。つまり、機内サービスの映画の音声もノイズキャンセルできる。カタログによると騒音を98%カットする。騒音が全く聞こえなくなるわけではないが、音楽を聴くのに差し支えないくらい十分騒音が小さくなる。英語も聞きやすい。また、SONYの上位機種よりコンパクトだ。5年位前に発売されたSONYのノイズキャンセルウォークマンを持っていたのだが、ノイズ除去の性能がだいぶ向上している。

映画を聴くにはウォークマンのほかに、航空機用オーディオ変換プラグ(ミヨシ MBS-AD35・2Pinタイプ)とそれとウォークマンをつなぐケーブル(ロジテック LHC-AW01、純正より安い)が必要。

機内騒音用のノイズキャンセルヘッドフォンは各社から発売されているが、けっこうかさ張る上に高価だ。それに比べれば、このウォークマンを使ったシステムはお手軽で効果的じゃないだろうか。

おまけにNW-S764はリピート機能など語学学習のための機能も強化されているので、通勤通学途中の車内で語学学習をするのにもぴったり。

コメントを残す