雲間のラス・トレス・デ・パイネ~南米・パタゴニアの旅(14)


1/4 ホテル・ラス・トーレス~アマルガ湖~プエルト・ナタレス

前回の続き)

110104パイネ国立公園・夜明けのトレス・デ・パイネ

トレス(Torres)の展望台に行こうと朝4時に起きたら雨だった。また寝る。6時に再び目覚めると、雨は小降りになっていて雲間にラス・トレス(Las Torres)が見えていた。しかし、今から往復するのは時間が厳しいので、展望台はあきらめる。

ラス・トレス=”Las Torres”とはスペイン語で「複数の塔」を意味する。まさに塔のような岩峰が約3本直立している。一番高いTorre Sur(南の塔)が標高2850mで麓からの標高差が2000m近くあり、どんだけ垂直なんだ!と驚く。これを縦走した人がいるからさらに驚きだ。まさにパイネのシンボルだ。

110104パイネ国立公園・トレスのキャンプ場を発つ

ゴロゴロしたり、お茶を沸かしたりして時間をつぶし、正午前にキャンプ場を発って公園入り口のバス停に向かう。もちろん公園入り口までバスはあるのだが、せっかくなので2時間ほど歩いて行くことにする。今日は風が強く、ゴゴゴゴゴーンと唸りを伴った、思わず耐風姿勢をとりたくなるような風が吹いている。おまけににわか雨がパラパラ降っていて、雨具をバタバタさせながら歩いてゆく。

キャンプ場を振り返る。パイネの山々はガスの中だ。ちなみに写真中央の可愛らしい小屋はトイレ。

110104パイネ国立公園・アマルガ湖へ向かう

出発して30分もすると幸いなことに雲が切れ、日がさし、風も弱くなった。暑くなってきて雨具を脱ぎ、Tシャツになる。だだっ広い原っぱを突っ切る砂利道をのんびりと歩く。

110104パイネ国立公園・小さな花1

まさに花盛り。なぜか黄色い花が多い。

110104パイネ国立公園・パイネをバックにした花畑

広いお花畑。たぶん。でももしかしたら牧場かもしれない。

110104パイネ国立公園・ホステリア・ラス・トレスに向かうバックパッカー

すれ違うバックパッカーたちと挨拶を交わす。突然、ロビンソン・クルーソーみたいな毛むくじゃらの巨大な外人男が近づいてきた。スペイン語で何か話しかけている。”No hablo espanol”(スペイン語話せませ~ん)とスペイン語で答えると、英語で話しかけてきた。「英語ハナセッマセ~ン」と答えたいところだが、ちゃんと聞いてみると、トレスのキャンプ場はどこだと聞いている。う~ん、トレスのキャンプ場はまだまだ先(4時間くらい)だぞ。この人たちは大丈夫だろうか…

次回に続く)

1件の返信

  1. 突然のご連絡失礼いたします。
    “My”アフィリエイト スカウト事務局の松嶋と申します。
    私はNTTコミュニケーションズが運営する“My”アフィリエイトの広告プログラムを優良サイト様へご紹介する活動をしております。
    貴サイトを拝見し、読んだ方が旅行に行きたくなるようなサイトだと感じました。
    ぜひ旅行に関する人気の広告バナー掲載にご協力いただけないでしょうか。
    詳細をご覧いただいてからご判断いただいて構いません。
    特別報酬もありますので、ご興味がございましたら以下のURLから詳細をご確認いただければ幸いです。
    http://www.affiliate.ntt.com/topics/scout/
    ※申込フォームには下記の情報をご入力ください。
    エントリーコード『177』 、サイトURL『http://geotrek.seesaa.net/』
    ※2/23までに広告掲載にご協力いただいた方が特別報酬の対象となります
    この度の連絡で不快な思いをされた方には大変申し訳ございません。お詫び申し上げます。

コメントを残す